これさえ見てれば大丈夫!間違った野菜の食べ方ととらえ方!

これまでの記事を読んでくれた方は野菜や果物を食べたほうがいいということは何となく理解できたのではないかなと思います。

食べたほうが良いことは分かっていても食べ方や料理方法が間違っていれば食べてないに等しいことになってしまいます!

今回は野菜や果物が持つ力や可能性について掘り下げて話をしていきたいと思います!

目次

 1 植物だけがもつファイトケミカルスの力

  1.1 生き抜くための香りやえぐみ

  1.2 数千から数万種類が存在

  1.3 優れた活性酸素吸収力

まずは、ファイトケミカルスとはどのようなものなのか簡単に触れておきましょう。

ブドウに含まれるレスベラトロールやトマトに含まれるリコペンなど耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか?

他にもアントシアニンケルセチンルテインなど代表されるものはたくさんあります。

野菜や果物もそうですが、ヒト以外の多くの動物は皮や根を取ることなくすべての栄養素を補給しています。ヒトだけが美味しく食べようとして栄養を取り逃しています。

例えばりんごの皮もファイトケミカルスなのですが、包丁で切ると断面が変色してくるのをイメージできますでしょうか?これは、りんごの断面が酸化している証拠です。

りんごを切った直後から酸化が始まり断面が変色するのですが、皮が守ってくれていることで酸化を防げているということが分かると思います!

生き抜くための香りやえぐみ

植物は、虫や小動物に食べられてしまうことがないように、保護色に変化したり、臭い匂いを放つようになりました。また、苦みを持たせる進化をしました。

この色や香り、えぐみの元となる成分こそ、ファイトケミカルスです。

ファイトケミカルスは植物が過酷な環境の中を生き抜くためにつけた力です。

数千から数万種類が存在

冒頭でも有名どころをいくつか紹介しましたが、ファイトケミカルスは数万種類あります。1つの植物に複数の種類が含まれています。

トマトは何と100種類以上のファイトケミカルスが含まれていることが分かっています!

優れた活性酸素吸収力

植物にとって紫外線や虫などが外敵なように、ヒトには活性酸素が外敵になります。適量であれば金から細胞を守る役割を果たしますが、過剰発生すると細胞を劣化・老化。

私たちの身体に大きなダメージを与えます。

りんごの皮を例に挙げて紹介した活性酸素吸収力がファイトケミカルスが優れている点です。

活性酸素はストレス・飲酒・食生活・紫外線・喫煙などが発生要因となり、風邪や生活習慣病・肌荒れ・免疫力の低下などに繋がります。

ダイエット中は特にストレスも溜まりやすく、運動により免疫力が低下することもあるのでファイトケミカルスに着目して調理方法などを改善するとより健康的なダイエットをすることが可能となるでしょう!

意外と知らない野菜と果物の重要性!

野菜も食べないとダメだよ~とか果物も食べたほうがいいよ~みたいに言われたことありませんか?

コンビニ弁当を食べているよりおやつを食べて添加物が多いものを摂っているよりも野菜や果物を食べた方が良いことくらい分かりますよね?

でもなんとなくわかっているだけではありませんか?

みんな言ってるし、テレビでもよく聞くしみたいな。

小さいときからの食文化や環境がそうさせたと思います。

では具体的にどんな食材をどのように食べるのが良いか知ってますか?

今回は野菜と果物が人体に与える影響について説明していきたいと思います!

目次

1.野菜の摂取が多いと○○も少ない!

  1.1摂取量によって何が変わるのか。

  1.2一日の目標摂取量は?

2.野菜を食べると○○も向上する!

  2.1野菜の摂取量との相関関係

3.野菜と果物で○○が魅力的に!

  3.1数字には表せない効果!

野菜の摂取が多いとシワも少ない!

野菜や果物が身体に良いことは周知の事実。しかし、思わぬところに影響を与えていることが分かりました。

日本人女性を対象にした研究で、緑黄色野菜の摂取量が多い人は野菜の摂取量が少ない人と比べて、シワの程度が軽いと報告されています。では、

1日の摂取量は?

厚生労働省が定めた目標量は、野菜350g、果物200gですが、緑黄色野菜を120g以上摂取することで、キレイも手に入れることができるのです。

野菜を食べる子は学力も高い!

夕食で週7回食べる子と全く野菜を食べない子と比べると、点数が1.2倍も上がることが分かりました。

野菜と果物で男性の香りは魅力的に!?

女性は肉を食べる男性よりも、野菜や果物をよく食べる男性の匂いを好むことが分かりました!数値上では表すことができなくても人間の本能で選ぶことがあるんですね。

以上野菜と果物を食べることの重要性についてお話しました。

野菜や果物を食べないといけないってことは分かっていてもなんとなくと思っている人が多かったと思うので、具体的にこんな効果があるんですよ!と理解してもらえればよかったと思います。

2か月で₋10㎏減量!絶対にリバウンドしない健康で効果的なダイエットとは!?

まずはじめに...よく言われていることですが短期間で集中して痩せよう!とする考え方はやめましょう。

ストレスや栄養バランスが原因で体調を崩し、日常生活に支障をきたすことが多々あります。

またリバウンドの恐れもあり逆効果になることも考えられます。

では、本気で頑張りたいと思っている方だけ読み進めていきましょう!

目次

1.失敗するダイエットとは?

  1.1食事面

  1.2運動面

  1.3ダイエットの捉え方

2.これで大丈夫「7つの習慣」

  2.1体重計に乗る

  2.2目標と期限を明確にする

  2.3日常生活に運動を取り入れる

  2.4空腹を見分ける

  2.5公言する

  2.6秘密を作る

  2.7栄養価の高いものを選択する

3.ダイエットとは?

1.失敗しがちなダイエットとは?--------------------------------

  • 食事面

極端に食事量を制限しカロリーばかり気にしている人

  • 運動面

全く運動をすることなく「見た目」よりも「数字」にこだわっている人

  • ダイエットの捉え方

なんとなくしてみようかな~楽な方法だからやろ~意思が弱く周囲の人に流されやすい人

情報に溢れている現代だからこそ正しい情報をキャッチしてベストな選択をしましょう!

昔は今と比べて野菜の値段も安く外資のファーストフード店も少なかったので

健康的な日本人が多かったと言われてます。 しかし、今はモノやサービスに溢れ簡単に低コストでお腹を満たすことができます。

分かっていても多忙な日常生活に追われついつい楽をしてしまうのです。

しかし、7つの習慣さえ理解していれば忙しくても面倒でも運動が嫌いであっても

今までと選択を変えることで劇的に変化することでしょう!

肥満者は正常な人と比べ5倍以上病気になるリスクがあり7倍以上生涯に使う医療費が多いとも言われています

2.【7つの習慣】

毎日体重計に乗る

基本中の基本ですが体重が減ることだけをモチベーションにしていては長続きはしません。

数字にしてしっかりと「可視化」することで反省しなければなりません。習慣にすることでリバウンドを防ぐ効果も期待できます。

目標と期限を明確にする

2か月を目安に長期的な計画を立てましょう。ダイエット期間中には体重が増えることや停滞する時期もあることを理解し一喜一憂しないようにしましょう!

1日に何kg減ったかは重要ではありません!

日常生活中に運動をしましょう

駅まで自転車移動の人は歩くようにエスカレーターを使う人は階段に今までの生活から何か変化がない限り何も変わることはありません!

少し早く起きて変化を求めるくらいの冒険ができるマインドセットをしましょう!

空腹感を見分けよう

朝・昼・晩と3食食べないといけないそう思っていませんか?特別にお腹が空いているわけでもないのにルーティン化して何か食べようとする人がいます。

無駄です。

自分の生活リズムから必要なタイミングで必要な量だけ摂取するようにしましょう!

公言する

友達や家族にダイエット中であることを言うようにしましょう。意思が弱い方は特に周囲の人に常日頃から公言することでブレーキの役割をしてくれる人がいます。

逆に、ダイエットを断念した人からの 誘惑もあります。なりたい自分はその人なのか

秘密を作る

⑤番で公言すると書きましたが秘密にすることも大切です。

例えば恋人に「なんか最近痩せて綺麗になったね」と言われるとモチベーションになりますよね?

自分から公言することも必要ですが相手に言わせることも大事になってきます。

栄養価の高いものを選択する

今日食べたものが明日のあなたの身体の糧となりあなたの健康を左右しています。

冒頭でも説明しましたが、健康にあるということは経済的にも多くの影響があります。

野菜の摂取が多いほどシワも少ない

野菜と果物で男性の香りは魅力的に

世界的に見ても野菜と果物の摂取量は全ての世代で低レベルです。

紫の野菜に至っては全体の2%しか消費していません。品種改良で野菜の栄養価も落ちています。

穀物以外の野菜はどれだけ食べてもダイエットの妨げとなることはないでしょう。

※ドレッシングには要注意です。

単に体重を落とすことに執着せず健康的な身体を作りましょう!

以上「7つの習慣」をお伝えしました。

3.ダイエットとは?

ここまで読み進めたあなたはダイエットの経験があり

ダイエットの知識も豊富な方でしょう。

ダイエットというのはメンタル面によって大きく左右されます。

何をいつどのように食べるか何を食べ過ぎてはいけないか理解している方がほとんどだと思います。

重要なのは方法論ではなくどんな自分になりたいか

「よしやろう」と決めてもマインドセットできないとすぐに元の自分に戻ってしまいます。

~さいごに~

ここまで読んでくれた方は

ある程度意志の強い方でしょう。

ここで公言しましょう!

よければインスタのストーリーで

@ryo_suke_higashiとタグ付けをして

決意とともに発信してみてください。

タグ付けをして頂いた方には実際に効果が得られた具体的な情報を提供したいと思います。

最後まで御覧頂きありがとうございました。

カロリーではない!ヒトのエネルギーに本当に必要な成分とは!?

基礎代謝や運動時の消費カロリーなど一般的に言われる成人男性と成人女性の消費カロリーから計算していることって多くないですか?

今回は健康的に痩せる方法のご紹介になります!

ジムなどにもあるランニングマシーンなど消費カロリーや今現時点でおにぎり1つ分のカロリーを消費しました!

みたいなの出てきますよね?

カロリーに計算すると間違ってはいないし、エネルギーの数値としてカロリーは正しいのですが、痩せるや健康といった観点からみるとカロリーに囚われていては一向に成果がでません。

重要なのはカロリーではないのです!

しかもカロリーを多く摂取した=エネルギーを多く摂取したことにもなりません。

摂取したカロリーを効率よくエネルギーに変換するためには細胞内で働く補酵素がなければなりません。

補酵素ってなんだよ!って思いますよね。解説していきます!

まず、酵素の役割として、食べたものの分解・消化・吸収・排泄・代謝などの働きをします!

しかし、ほとんどの場合は酵素だけでは働くことができずこの働きを助けるのが「補酵素」になります。

つまり、補酵素がなければ酵素の働きができないのです。

簡単に言うとビタミンやミネラルが補酵素としての役割をするので食事やサプリメントからしっかりと補酵素を摂取しましょう!ということです。

補酵素の中でも最も重要と言われているのがコエンザイムQ10です。

コエンザイムQ10は魚類や肉類からも摂取可能で、わずかながら体内でも生成することができます。

コエンザイムQ10には多くのメリットがあります。

  • 元気になる
  • 新陳代謝向上
  • 活性酸素の除去
  • ビタミンEのリサイクル
  • 血圧を下げる可能性あり

脂肪や糖を利用してエネルギーを作る時に必要な補酵素の役割を果たすことからコエンザイムQ10を摂取すると「疲れにくく」「新陳代謝が向上し痩せやすい」と言われます。

しかし、このコエンザイムQ10は20歳を過ぎると急激に減少していきます。

年齢とともに痩せにくくなったなーと感じていませんか?これが原因です。

「そうだ!コエンザイムQ10を摂ればいいのか!」と食事から摂取しようとするとサーロインステーキで11枚分に相当し、逆に太ってしまうでしょう!

ていうかそんなに食べられない!(笑)

このような理由からコエンザイムQ10のサプリメントが多く販売されているんですね。

とは言ってもサプリメントから取らないといけないわけでもなく、日々の食生活を意識して摂取を心掛けることが重要です!

正しい知識と正しい食生活で健康と美容の両方を手に入れましょう!

脳の疲労を改善!情報処理で疲労した頭を助ける2つの重大要素

日々、スマホやパソコンなど画面と向き合い、行きかう情報を処理し続ける生活が続いています。睡眠時間も減少し、質が低下脳は疲労を蓄積するばかりだと言えるでしょう。

そんな人が求めているのはサラサラした魚の脂に含まれるDHA・EPAの力です。青魚に多く含まれる必須脂肪酸であるDHA・EPAは体内では生成することができません。

つまり、食事から摂取するしかないのです。

しかし、食卓に青魚が並ぶことは多くないと思います。昔と比べると格段に減っていると思います。

青魚の良いところはDHA・EPAが含まれていることだけでなく、小さな魚が多く余分なものを吸収するリスクが少ないことにもあります。

例えばマグロのような大型魚であれば何か月何年も海の中で生活をしプランクトンや他の小さな魚などもエサとして多く消化・吸収しています。

青魚のような小さな魚にはこのようなことがなく良質な栄養を摂取するために最適と言えるでしょう。

腸活のために食物繊維が重要!

腸内の善玉菌を効率よく育てるために!

食物繊維は、ビタミンやミネラル、タンパク質と同様に生きる上で欠かせない6大栄養素の1つです。昔の食生活であれば、根菜や豆類から自然と摂取できていた食物繊維ですが、現代の日本人の食生活では食物繊維は不足しがちです。

結果、腸内環境が乱れることでさまざまなトラブルを抱えてしまう原因になります。

腸内環境改善のポイントは、生きたまま腸まで届く乳酸菌を摂ることと、腸内の善玉菌のエサとなる食物繊維を摂ることにあります。

また、幸福を感じやすくなる脳内ホルモンのセロトニンは95%が腸内で生成されています。

また、腸が活発に動くことで周辺の臓器が温まり基礎代謝がアップすると言われています。

冷え性やむくみ、肩こり、肌荒れといった問題も解決してくれる可能性を秘めているのが腸活なのです!

生きて腸に届く善玉菌は存在しない!?

NHKスペシャルで外から取り入れた乳酸菌は定着することができず数日のうちに排出されるという驚きの結果が報告された。

「生きて腸まで届く乳酸菌」

というフレーズがあるが実際には「通過菌」と呼ばれ定着することはできない。

例え善玉菌であっても同様です。定着させることはできないのです。

「生きて腸まで届く」ではなく、「腸に定着する」ものを選ばないと意味がないのです。

腸が健康の要と言われているのはなぜでしょう?それは腸の役割によるものです。栄養を吸収し、不要物を排出する消化・吸収・排出機能と外部から入ってくる病原菌やウイルスなどの異物から体を守る免疫機能が腸には備わっています。

免疫機能に関してはなんと免疫細胞の60%が腸に存在していると言われています。つまり、腸内環境の悪化は体の免疫も弱めることになります。

腸内環境って大事ですね!

腸を通過する通過菌ではなく定着するものを選んでインナービューティーと健康を手に入れましょう!

上質なプロテインで栄養補給が3倍に!?

「プロテインは筋肉を増やしたい人のものだから関係ない」そう思ってはいませんか?

プロテインとは筋肉をつけたい人とは関係なく誰にとっても必要な栄養素です。

そもそもプロテインとはどういう意味か知っていますか?

ギリシャ語で「もっとも大切なもの」という意味があります。

その証拠に、肌・筋肉・心臓・骨・脳・血液・酵素といった人間のあらゆるものがタンパク質を材料にして作られています。

動物性タンパク質がたくさんの種類販売されていますが、これを読んでくれた方は是非とも植物性タンパク質100%のものを選ぶようにしてください!

アミノ酸バランスも消化吸収率も大幅な差があります!

豚ヒレ肉の老化防止と美肌効果について!

①老化防止

身体に侵入したウイルスや細菌を攻撃する働きがある活性酸素が過剰に働くと正常な細胞にも攻撃してしまいます。これにより細胞内や核酸、血管内などの身体のさmざまなぶに悪影響を与えてしまい、老化の要因となってしまいます。豚ヒレ肉に含まれるビタミンCやビタミンEには抗酸化作用があり、増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きによって、活性酸素が過剰に働き正常な細胞を攻撃してしまうのを防ぐ効果があるので、豚ヒレには老化防止に効果があると言えます。

②美肌効果

豚ヒレ肉に含まれるナイアシンには血液循環を促すことでクマやくすみを改善する働きや、肌の新陳代謝を向上させるなどの効果があります。また、脂質の代謝に関与し過酸化脂質を分解する働きによって、過酸化脂質が原因の1つとして考えられている大人ニキビを予防する効果があります。抗酸化作用により体のサビと言われるか酸化物質が生成されるのを防ぎ、くすみの原因を作りにくくする働きがあるビタミンEなども豊富に含まれているので美肌効果があると言えるでしょう!

健康に良い!豚ヒレ肉の効果!

今回は豚ヒレにの高血圧予防と貧血予防についてお話します!

まずは、高血圧予防について!

偏った食生活、肥満、喫煙、過度な飲酒、ストレスなどが原因で血圧が高くなってしまうと高血圧になってしまいますが、豚ヒレ肉に含まれるカリウムには高血圧の原因の1つである過剰に摂取し過ぎたナトリウムを排出し、体内の水分濃度を調整する働きがあります。また、血管を緩めることで血圧の上昇を抑える働きがあります。また、血管を緩めることで血圧の上昇を抑える働きがあるマグネシウムや体内で使用されたナトリウムの排出を促進し血圧を下げる働きがあるタンパク質なども豊富に含まれているので、豚ヒレ肉には高血圧を予防する効果があると言えます。

次に、貧血予防について!

血液中で酸素運搬の役割を果たすヘモグロビンを構成する重要な要素である鉄が不足するとヘモグロビンが体内で生成されず減少し、貧血になります。また、ヘモグロビンを含有している赤血球の生成を促す働きがあるビタミンB12、ホルモンバランスはビタミンB6、異常な赤芽球が増えてしまい酸素が減って貧血になるのを防ぐ働きがある葉酸、抗酸化作用によって体にとって有害な活性酸素を除去するビタミンE、造血を助ける働きがある亜鉛や銅も豊富に含まれている。

次回は、目の健康維持と老化防止について話をします。