意外と知らない野菜と果物の重要性!

野菜も食べないとダメだよ~とか果物も食べたほうがいいよ~みたいに言われたことありませんか?

コンビニ弁当を食べているよりおやつを食べて添加物が多いものを摂っているよりも野菜や果物を食べた方が良いことくらい分かりますよね?

でもなんとなくわかっているだけではありませんか?

みんな言ってるし、テレビでもよく聞くしみたいな。

小さいときからの食文化や環境がそうさせたと思います。

では具体的にどんな食材をどのように食べるのが良いか知ってますか?

今回は野菜と果物が人体に与える影響について説明していきたいと思います!

目次

1.野菜の摂取が多いと○○も少ない!

  1.1摂取量によって何が変わるのか。

  1.2一日の目標摂取量は?

2.野菜を食べると○○も向上する!

  2.1野菜の摂取量との相関関係

3.野菜と果物で○○が魅力的に!

  3.1数字には表せない効果!

野菜の摂取が多いとシワも少ない!

野菜や果物が身体に良いことは周知の事実。しかし、思わぬところに影響を与えていることが分かりました。

日本人女性を対象にした研究で、緑黄色野菜の摂取量が多い人は野菜の摂取量が少ない人と比べて、シワの程度が軽いと報告されています。では、

1日の摂取量は?

厚生労働省が定めた目標量は、野菜350g、果物200gですが、緑黄色野菜を120g以上摂取することで、キレイも手に入れることができるのです。

野菜を食べる子は学力も高い!

夕食で週7回食べる子と全く野菜を食べない子と比べると、点数が1.2倍も上がることが分かりました。

野菜と果物で男性の香りは魅力的に!?

女性は肉を食べる男性よりも、野菜や果物をよく食べる男性の匂いを好むことが分かりました!数値上では表すことができなくても人間の本能で選ぶことがあるんですね。

以上野菜と果物を食べることの重要性についてお話しました。

野菜や果物を食べないといけないってことは分かっていてもなんとなくと思っている人が多かったと思うので、具体的にこんな効果があるんですよ!と理解してもらえればよかったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です